過剰なストレスは意欲がわかないなど心の病気に注意が必要

サイトメニュー

うつ病の効果的な治療法

院内

うつ病の治療方法

うつ病の治療方法は大きく分けて3つあります。1つが休息です。うつ病を発症したらまず何よりも大切なのが休息をとるということです。何にも意欲がわかないなど、疲弊した心と身体を休ませることでうつ病への治療効果も高めることができます。また、仕事や人間関係、家庭でのストレスからも断ち切る環境が必要になります。うつ病の治療には入院して行える方法もあります。休息できる環境がないのであれば、入院して治療を行えるようにするための環境づくりのサポートも必要になりますよ。2つめの治療方法がカウンセリングなどの心理的治療です。心理的治療は精神療法とも言いますが、特徴としては服薬にたよらずに対話などを通して治療を行います。対話の目的としてはうつ病である本人が抱いている不安や悩みなどの再認識や気持ちを表現できるようになるのが狙いです。また、うつ病の特徴でもある認知の歪みなど、ネガティブな思考パターンも少しづつ改善していくことができますよ。3つめの治療方法が抗うつ剤の服用です。抗うつ剤は飲み続ける事で脳内の神経伝達物質の働きを正常にするという効果が期待できます。ただ、効果を実感するには医師の指示を守って継続して服薬する必要があります。なので、自己判断での服薬の中止や、短期での服薬だけでは効果を実感するのは難しくなります。また、副作用もあるので、途中で服薬を止めてしまうと効果は実感できずに、副作用だけで苦しんでしまうということにもなりかねません。このようにうつ病には主に3つの治療法があるので、うまく組み合わせることで個人に最良の方法を見つけていきましょう。

Copyright© 2019 過剰なストレスは意欲がわかないなど心の病気に注意が必要 All Rights Reserved.