過剰なストレスは意欲がわかないなど心の病気に注意が必要

サイトメニュー

うつ病とEDについて

女医

うつ病とEDの関連性について

近年ではうつ病が原因でED(勃起不全)になることが分っています。一般的にはEDは中高年などが加齢に伴う肉体機能の衰えで発症しますが、近年では若い年代の男性でもEDを発症する人が増加傾向にあります。これはうつ病との深い関連性があるとして考えられています。うつ病によるEDは、意欲がわかない、欲求の減少などがイメージとしてある人も多いと思いますが、実際は気分の落ち込みだけによるものだけではなく、うつ病がもたらす脳への影響でEDが引き起こされると考えられています。若い世代でうつ病を発症する人が増えているのと同様にEDを発症する人が多い傾向にあるのはもはや偶然ではありません。また、EDには3つの種類があります。1つがうつ病などの精神的な問題で発症する心因性EDです。心因性EDの特徴は抑うつなどにより外部刺激に対しての反応が低下してしまうことです。原因としては強いストレスや慢性的なストレスによる脳や神経の衰弱によるものだと考えられています。2つめが身体の損傷や機能低下で起こる器質性EDです。これは事故や怪我によって脳の損傷や下腹部への損傷による機能低下が原因で起こることがあります。3つめが薬物の副作用によって起こる薬剤性EDです。うつ病の治療に使われる薬の中には、副作用で性機能に障害を起こすものがあることが分っています。うつ病の症状と薬の副作用による影響でEDになりやすい傾向にあるのが薬剤性EDの特徴です。

Copyright© 2019 過剰なストレスは意欲がわかないなど心の病気に注意が必要 All Rights Reserved.