過剰なストレスは意欲がわかないなど心の病気に注意が必要

サイトメニュー

うつ病への理解と対応方法

男医

うつ病との正しい付き合い方を知っておこう

うつ病について知っておきたいのがその当人との接し方や対応です。うつ病を発症した人は何にも意欲がわかないなど前向きになることが難しく、ネガティブな思考のループに入ってしまっています。そのため身近にいる家族や同僚などにも当人への理解と接し方には注意が必要になります。また、特に家族などはうつ病を患っている当人の憂鬱な気持ちや症状に影響されて、同じようにうつ病を発症してしまうリスクも高くなります。そうならないためにもうつ病に対しての正しい理解と対応の仕方を知っておきましょう。まずうつ病の人と接する際に大切なポイントが共感をしないという事です。話や悩みを聞いてあげるのはもちろん大事ですが、そのネガティブな思考に共感してしまっては聞く方まで気が滅入って憂鬱になってしまいますよね。なので話を聞きながらも、「気にすることはないよ」「休んで明日考えよう」など声掛けを行うことがお互いにとってとても重要になります。話を聞くときも延々と聞いていては堂々巡りとなってなかなか終わらず、聞く方の負担が大きくなるのでしっかりと時間を決めて話を聞くようにしましょう。声掛けも安易に返事を返したりアドバイスやエールのつもりで返した言葉が返ってうつ病を悪化させることもあるので、入り込まずに共感しないという事を心がけて接するようにしましょう。また、うつ病の回復期には1日の気持ちの変化が激しく、調子がいいと思ったら数時間後には落ち込んでいるなどの日内変動が現れやすい傾向にあるので、相手の感情に振り回されない冷静さを保つ必要があります。秘訣としてはマインドフルネスと呼ばれるマインドコントロールなどを実践してみるといいですよ。

Copyright© 2019 過剰なストレスは意欲がわかないなど心の病気に注意が必要 All Rights Reserved.