過剰なストレスは意欲がわかないなど心の病気に注意が必要

サイトメニュー

うつの予防法について

病室

うつ病の原因について考えられていること

うつ病は心の風邪として誰でも発症する病気だと言われていますが、では予防するためにはどうしたらいいのでしょうか?また、その原因とは何なのかを見ていきましょう。うつ病の原因として考えられている1つの理由が遺伝的要因です。例えば家族や親戚にうつ病を患っている人がいる場合、発症するリスクが1.5~3倍になることが分かっています。このようにうつ病と遺伝的要因の関連性はかなり高いものとして考えられています。ただ、必ずしも遺伝的要素があるからといって、うつ病を発症するという訳ではないので遺伝的要因でうつ病を発症しやすくなるということを頭に入れておきましょう。うつ病の原因としては身体的な要因も考えられます。身体の不調からうつになる理由としては、慢性的な疲労などによる脳の活動の著しい低下と言われています。脳の伝達物質であるセロトニンやドーパミンが正常に分泌されなくなることで、何にも意欲がわかなかったり気分が落ち込むなどの症状が現われるようになります。他にも脳血管障害や甲状腺機能の異常などでもうつ病を発症するリスクは高くなると言われています。このようにうつ病を発症する原因は身体的要因や遺伝的要素、ストレスや慢性的な疲労など様々な要素が複雑に関連しているということが分っています。なので具体的な予防方法としてはストレスの対処法や十分な睡眠など、身体を休息させることになりますよ。

Copyright© 2019 過剰なストレスは意欲がわかないなど心の病気に注意が必要 All Rights Reserved.